Latest buzz on twitter

Should we worship the Holy Spirit?

Should we worship the Holy Spirit?

11 Jan 2011

Isn't the Spirit's role to point away from himself and bring glory to the Father and the Son? If you've ever wondered about this, you'll be pleased to hear you're in good company!

We sing lots of songs that worship Jesus, glorify the Father, but few that worship the Spirit. There's a sense that the Spirit is somehow less the focus of our worship? Is it right to worship the Spirit? Or are we getting sidetracked? It's one of the oldest questions that the church has wrestled with through the ages.

I have been reading recently about how in the days of the early church, some tried to argue that the Spirit was not supposed to be worshipped. In response, one of the giants of the first few centuries of Christianity, Basil the Great, wrote an amazing work called "On the Holy Spirit" 375 AD that sounded loud and clear with the message that the Spirit is fully God.

Basil says that the Spirit is more than some divine access point, rather the Spirit is the starting place of our worship, writing, "If you remain outside the Spirit, you will not be able to worship at all."

So important was the divinity of the Spirit, and the place of the Spirit as equally God with the Father and the Son, that in 381AD the great leaders of the church got together an put out a kind of press release, The Creed of Constantinople, as a way of tying down what we believe.

They wrote that we believe "in the Holy Spirit, the Lord and Giver of Life... who with the Father and the Son together is worshipped and glorified..."

The Holy Spirit is to be worshiped and glorified, because he is God. To deny that is to create a false hierarchy in the Trinity.

So, I feel challenged not to forget the Spirit. He has been worshipped through the ages of the church, in our prayers, our hymns, our lives. The Holy Spirit is fully God, and therefore to be worshipped with the Father and the Son. I also feel challenged to not reduce the Spirit as the vehicle to get to the Father, but as the destination of my hearts affection, the one who leads me to intimacy with the Father and Jesus.

So, songwriters, worship leaders, creatives, planners, speakers, prayers... Praise the Father, the Son and don't forget to praise the Holy Spirit.

Here are some cool things on the Holy Spirit:

An ancient prayer (might inspire some stuff...)

Come, true light.


Come, life eternal.


Come, hidden mystery.


Come, treasure without name.

Come, reality beyond all words.


Come, person beyond all understanding.


Come, rejoicing without end.


Come, light that knows no evening.

Come, unfailing expectation of the saved.


Come, raising of the fallen.


Come, resurrection of the dead.


Come, all-powerful, for unceasingly you create, refashion and change all things by your will alone.

Come, for your name fills our hearts with longing, and is ever on our lips.


Come, for you are yourself the desire that is within me.


Come, my breath and my life.
Come, the consolation of my humble soul.

Come, my joy, my glory, my endless delight.

- St Symeon the New Theologian (C10th)

Here is an ancient hymn to the Holy Spirit: http://en.wikipedia.org/wiki/Veni_Creator_Spiritus

Basil's 'Treatise on the Holy Spirit' is on Amazon, and there's also a great book coming out soon by Graham Tomlin on the Holy Spirit.

Over to you... What do you think?  


Hi Al,

Great post, a subject that I am really passionate about! I love that the Spirit is divine, worthy of worship, yet loves to glorify and point to Jesus and knows and reveals the Father's heart, just an incredible reminder how we are invited to join in the eternal relationship of the Godhead of love!

Interesting post! I had a chat with someone last year about this and he gave what I thought was a really good answer: that it isn't wrong to worship the Holy Spirit, and we certainly can do but that the Holy Spirit tends to point us towards Jesus, and Jesus points us towards the Father. Thought that was a great way of looking at it. The Holy Spirit is definitely praise worthy but He also shows us and directs us to the Father.

I've got to say that, although it is true that the Spirit proceeds from the Father and the Son, and his ministry is to glorify them, that does not take away a single inkling of desire in me to worship him. It's not because someone has a position of servitude and servanthood that it makes him any less righteous or worthy. Perhaps even to the contrary.

It would be a wrong way to view Christian headship and submission to assume that an order in the Holy Trinity makes one less than the other. That's not the Christian paradigm of leadership, and I totally agree with the post Al : the Spirit is fully God, so who do we think we are if we do not bow down and worship ?

"I hate your church gatherings, all your religious stuff displeases me. Away with the noise of your songs, I've had it up to here with your guitars. But let justice roll like a river, fairness like a never ending stream!" (Amos 5.21-24)

Hi,
Thank you for sharing the post - It's nice to draw from tradition (hymns and creeds etc), but just thought I'd share some references to Scripture I found here: http://lord-is-love.blogspot.com/2010/10/should-we-worship-holy-spirit.html

λογικὴν λατρείαν - logiken latreian - Logical, rational service. (Romans 12:1)

Great post Al! Worth writing, definitely. It's funny, on the Sunday morning just gone I led a set of songs which focussed almost entirely on the Holy Spirit and how we need Him to fill us. Perhaps over-compensating, since we hardly sung about Jesus or the Father, but something worked and He really showed up - which is always awesome!

http://www.yorkelim.com

Hi,
there is a book from R. A. Torrey: "The Holy Spirit: Who he is and what he does" wich explains greatly why it is so important to understand that the Holy Spirit is a person.

Hi

Here's another ancient prayer to the Holy Spirit from the Eastern Orthodox tradition:

"Heavenly KIng, Comforter, Spirit of Truth, everywhere present and filling all things, treasury of blessings and Giver of life: come and dwell within us, cleanse us of every impurity, and save our souls, O Good One."

It's used at the beginning of the service liturgy in the conviction that it is only through our being open to the Spirit that we can truthfully worship.

Paul

From the beginning of 2011, there are four kinds of hot sale nike air max shoes cheap,including Nike Air Max 90, Nike Air Max 2009, Nike Air Max 24-7 and Nike Air Max TN. Authentic nike air max 90 and cheap nike air max 2009 wholesale are the best hot selling in our mainly nike air max wholesale store. More women like to buy cheap wholesale Nike Air Max 24-7 and discount Nike Air Max TN shoes. Discount air max shoes are going on for some new shoes. These days ,there are several kinds of best selling nike air max shoes,which are Nike Air Max 90 Premium For Cheap and Cheap high quality Nike Air Griffey Max II,Cheap Nike Shox NZ Premium Running Shoes and Wholesale Nike Shox TL1 Running Shoes. Don't miss the other kind of quite hot selling Kids Air Griffey Shoes Sneaker for best present for your lovely childen.

バーバリー サングラス」は、1856年創業の、イギリスを代表するファッションブランド。
創業者であるトーマス・バーバリー(Thomas Burberry)は、1835年イギリス・サリー州ブロッカムグリーンで誕生しました。 1924年有名な" バーバリー バッグ・チェック"が誕生。コートの裏地としてデザインされたのが起源で、いつの時代にも定番の柄として愛されています。人気の一流ブランド特集の第6弾は、「 バーバリー」のバッグ・財布などいろいろ御紹介します! バーバリー ベルト ( Burberry)は、 バーバリー マフラーブラックレーベル1856年にロンドンのベイジングストークにてトーマス・ バーバリー 財布が開業した洋服店で生まれたファッションブランドです。 バーバリー コートはジョージ五世からコート・ジャケット部門のロイヤルワラントを受け、コーチ バッグ英国王室で愛され続けることになります。 バーバリー英国王室から授与されたものです バーバリー コート.
バーバリー (Burberry)は、 バーバリー ベルト1856年にロンドンの バーバリー マフラーベイジングストークにてトーマス・ バーバリー が開業した洋服店で生まれたファッションブランドです。 バーバリーの名前の由来はスペイン語の バーバリー コート「ガバルディナ」(巡礼者の バーバリー マフラー着る上っ張り)といわれています。 バーバリー サングラス」は、1856年創業の、バーバリー ワンピースイギリスを代表するファッションブランド バーバリー マフラー .創業者であるトーマス・バーバリー(Thomas Burberry)は、1835年イギリス・サリー州ブロッカムグリーンで誕生しました。 バーバリー コー 1924年有名な" バーバリー バッグ・チェック"が誕生。 バーバリー 財布コートの裏地としてデザインされたのが起源で、 バーバリー コートいつの時代にも定番の柄として愛されています。 バーバリー コート人気の一流ブランド特集の第6弾は、 「バーバリー」のバッグ・財布などいろいろ御紹介します! バーバリー ベルト ( Burberry)は、 バーバリー マフラーブラックレーベル1856年にロンドンのベイジングストークにてトーマス・ バーバリー 財布が開業した洋服店で生まれたファッションブランドです。 バーバリー マフラーはジョージ五世からコート・ジャケット部門のロイヤルワラントを受け、 バーバリー バッグコーチ バッグ英国王室で愛され続けることになります。 バーバリー英国王室から授与されたものです バーバリー コート.
HIP HOP nike ダンク sb 界の超大御所「 ダンクsb 」とナイキの ナイキ エア ズーム トキ共同開発で大注目を浴びる「 コービー バスケットシューズ」が待望の入荷! 彼のニックネーム「YEEZY(イージー)」が付けられたことからも分かるように、 ダンク low 細部までカニエ・ ナイキ エアマックスウエストがデザインに参加した ナイキ エアジョーダン超話題作! ナイキ トキ キャンバス トレンドの ナイキ エア マグマ ND ビ タミンカラーを落とし込みグレーにて仕上げられた抜群 ナイキ ダンクの配色はもちろん、 ナイキ エアマックス 24/7今までにないインパクト抜群 ダンクsb のデザインなど超限定モデルに相応しい超ゴージャス仕 様! ナイキ トキ キャンバス 日本でのリリースは ナイキ エア マグマ ND 100足程度と言われる超限定モデル! ナイキ エア ズーム トキ市場価格を大幅に下回るプライスにての ナイキ エア プレスト ご紹介だけに、フリークの方は、この機会をお見逃しな く!21世紀に入ると、NIKEのスケートボードライン ダンク low にてズームエアを搭載し、タンを厚くしたスケシュー仕様 ナイキ エアジョーダン が多くのスニーカーファンを魅了

モンクレール キッズといえば、 モンクレールアウトレットヨーロッパのセレブから愛され続けている世界最高級の モンクレール ダウンベストレディースダウンウェアブランドです。 モンクレール ブーツ1968年のグルノーブルオリンピックでは、 モンクレール バッグサイズフランスナショナルチームの公式ウェアとなり、 モンクレール通販プレミアムダウンウェア モンクレール メンズの地位を確かなものにし、リーボック シューズ 世界中に知れ渡ることとなりました。 モンクレール メンズはもともとアルピニストの装備 モンクレール レディースを手掛ける企業でしたから、 ジャケットダウンモンクレール レディースグースの産毛5本指 シューズを使用した高品質のダウンウェアはプロのTOMS シューズ登山家の間では絶大な人気を誇っていました。 モンクレールアウトレットメンズダウンウェアというといかにも暖かいけれどいかにもアウトドアみないたテイストが多い中、 ジャケットダウンモンクレールはすごくファッショナブルで、Supra シューズタウンでも十分おしゃれに着こなせます。 モンクレールアウトレットしかもそこらのコートなんかよりも軽くて暖かい モンクレール通販サイズ。 Duveticaのフード付きのダウン・ジャケット:この種の人ジャケットはそうです、1つの、 Duvetica ダウンジャケット メンズ素晴らしい、 Duvetica ダウンジャケット最高の材料および質がすべて表れを証拠づけている、この寒いwinter.
ダンクsb ラインから新作が登場。1990年代のスケーターファッションからインスパイアを受けたこのモデル ナイキ ダンク SB 。カラーコンビネーションもさることながら絶妙な素材コンビネーション ナイキ エアマックス 24/7 が足下に彩りを与えています。インソールにはインスパイアを受けた90sスケータ nike ダンク sb ーのイラストが施されています。 ナイキ バスケットシューズ 1985年にノンエアバスケットボールシューズ ナイキ トキ キャンバス その歴史が始まった NIKE DUNK ( ナイキ ダンク )。80年代は、カレッジカラーが登場しボーラーに愛され ナイキ エア マグマ ND 、そのスタイリッシュなフォルムと革新的なカラーリングで復刻モデルとしてストリートで爆発的ヒット ナイキ ランニングシューズ 、NIKEのスケートボードライン ダンク low にてズームエアを搭載し ナイキ エアジョーダン が多くのスニーカーファンを魅了 ナイキ エア プレスト レディース
ナイキ エアマックス位置により違う圧の空気を注入、それを透明の窓から見えるようにした靴。「 ナイキ エア プレスト 」はナイキ、ランニング・カテゴリーのトップ・モデルに与えられていた商品名。1987年、 ナイキ エア ズーム トキ